モモンガプレス

本をつくったそのあとに。 インディーズブックプロジェクトで手に入れる未来

本を出すことによる著者の成長曲線

  • 自著の発売 本を出すということは、自分の思想や存在を広め、ファンや共感してくれる同志を増やしていくことです。周りに集まる人が多くなればなるほど、自分の活動だけで生活していけるようになる可能性が高まります。 本をつくる=自己投資。まずは固定ファンをつくることを目指しましょう。
  • 自分の活動 本を出しただけで儲かる人は、プロの中でもひと握りしかいません。本の刊行によってできたファンを、講演活動や講座、展覧会などを通して自分の活動に巻き込んでいきましょう。自分の活動が盛り上がることで、本は間接的に売れていきます。
  • 2作目の発売 だんだん著者として知られてくると、本を好きなように出すことができ、講演会やイベントも黒字になっていきます。順調にいけば、ここから本を出すときに行った投資の回収に入ることができます。
本を出すことによる著者の成長曲線
のイメージ図